ディス・ワン/フォトグラファー清水タケシ公式サイト

T-time /

日々の何となくを綴ったダイアリーページです!

東京マラソン2014

一昨日23日、4度目の東京マラソンを走らせていただきました。

朝早くに起床し、身体を起こしつつ“ソチオリンピック”関連のTVを観たり、
ゆっくり食事をとり、アンダーウェアを着て。。。
私は、会場入りまでは普段着がこだわり!

会場入りしてからは、ウェア、シューズ、パワージェルなどを確認し、
ストレッチと“動き作り”を入念にして、ウェアに着替えて8時過ぎにスタートブロックへ。
私は、フルマラソンの時は殆どウォーミングアップはしない。
特に今回はしないように考えた。スタートとともに行ってしまいそう(オーバーペース)だから。

昨年の3月から椎間板ヘルニアの痛みで、当選の知らせをもらった時は、
まだ鍼灸治療で痛みを和らげ、スイムとウォーキングを少し始めたばかりだった。
2年連続で当選していたし、勿論今回は落選すると思っていたし、無欲のアタリでした。
「ヤッター!」の瞬間、不安・不安・不安が。。。
練習を開始出来たのは、10月に入ってからで、
しかも最初の5回くらいはキロ6分半で3キロ走るのがキツかった。
この頃は、「ホント、ヤバいなぁ。」と。「完走すらどうなのか?」と自信が無かった。

そんな不安もスタートブロックで待っているあいだに消え、
いつもだとテンションが上がって気負いになっていたけど、今回は無かった。
特に自分自身に期待もなく、兎に角20キロまではゆっくり行こうとだけを。
そして、スタート前は過去の3回よりもあまり寒さは感じなかった。

いよいよスタート。みんな嬉しそうに走りだす。
最初の1キロはゆっくりとしたペースで入れた。ここでももう一度自分に「ゆっくり、ゆっくり」と。
7キロくらいまでは下っていくので、「やはり」というか、
「ダメじゃ〜ん」と少しペースが上がってしまいました。

しかし、その後は28キロの浅草までは想定したペース配分ができ、
過去3回にはなかった風景、沿道の応援がしっかり見えていた。
そして“マラソンは30キロを過ぎてから”と言われるとおり、ここからペースダウン。「どおして〜ぇ」

でも今回は今の自分の力を出し切れた気がする。
タイムはそこそこだったけれど、一度も止まらず、力も出し切れたし、
凄く満足しています!

tokyo-marathon-2014-2-23

Comments are closed.

Top